e-全身脱毛 TOP > 気になる全身脱毛Q&A > 脱毛できない部位は?

サロンによってプランは異なります。

全身脱毛と一言で言っても、サロンによってプランの詳細は異なります。一番特徴的なものは、サロンによってはVIOという、いわゆるビキニラインのお手入れは含まれないところもありますので、注意が必要です。下半身はやはり特殊でデリケートな部分ですので、注意が必要。受ける側も、実際施術する際はよく注意事項を守りましょう。
VIOと共に、全身脱毛の範囲に入らない可能性が高いのが、顔の産毛の脱毛です。顔の産毛を剃るときは、理容師の資格が必要になります。一般的にも、美容院で美容師が行うことはできないことを考えると、美容の分野でも特殊なものです。顔に光脱毛などを照射することも難しいので、顔の産毛を処理したいならば、やはり脱毛サロンに直接確認したほうがよさそうですね。ちなみに顔の産毛がないと、お化粧のノリがとてもよくなる、というメリットがあります。お化粧の仕上がりに満足していない人は、検討の価値がありそうですよね。

カウンセリングで事前に相談しましょう。

脱毛可能な個所は体中あります。技術も進歩している昨今ですが、やっぱり脱毛の施術が出来ない箇所がいくつかあります。
まず、ほくろ、しみ、入れ墨がある箇所の施術はできません。これは、光脱毛の仕組みを把握していると良くわかります。光脱毛では、特殊な光を当て、当たった個所の黒い色素に反応させることにより、脱毛を行います。脱毛の際、カミソリなどによってお手入れすると、皮膚の中にある黒いムダ毛に光が当たって脱毛、となります。ところが皮膚の上に、反応する黒い色素があると、脱毛できないどころか、肌トラブルが発生してしまうことも。このため、これらの箇所には施術が出来ないことになります。
粘膜部分。最近、ビキニラインのお手入れをする人は増えているのですが、粘膜に接触する部分にも施術はできません。安全面や衛生面から、施術はNGとなっています。よほどの方でないと、このような個所の脱毛を希望することはありませんが、とりあえず参考まで。

全身脱毛サロンの人気ランキングはこちら>>

このページのトップに戻る