e-全身脱毛 TOP > 気になる全身脱毛Q&A > 生理中・妊娠中でもできる?

生理は基本的には○です。

生理中でも、基本的には脱毛は出来ます。”基本的には”というのは、Vラインにかからない部分、という意味です。脇や腕、背中や足といった部分は可能です。大人の女性であれば、生理中に脱毛をしたからと言って、特に影響はない、というのが理由です。事実、ほとんどの脱毛サロンでは、生理中であっても、脱毛は基本的にはOKです。
ただ、Vライン(以前はビキニラインと言っていましたが・・・)の施術の場合、どうしても処理に不都合が生じてしまいます。施術の際は紙のショーツに履き替えて行うため、生理中であれば、漏れたり汚れたりというのが気になることも多いもの。更に、施術をしてくれる脱毛サロンのスタッフにも、気持ちよく施術を行ってもらうためにも、施術をしてもらう側も、最低限のマナーとして生理中を避けて脱毛を行うようにしたいものです。
逆の立場で考えてみると一目瞭然、というか一考瞭然。施術する方もされる方も、お互い気持ちの良い環境作りを心がけたいものです。

妊娠中は×。授乳中は△。

妊娠中は、例外なく、どこの脱毛サロンでも脱毛は不可です。妊娠中は、いつどんな状況になるかわかりません。仮に脱毛をしている間に、なにかの衝撃(痛みや光)で思わぬ陣痛やその他の危険性を生むかもしれません。多くの脱毛サロンで使われている光脱毛の光が母体やお腹の赤ちゃんに影響することはありませんが、外的要因からくるリスクを最小限に抑えるため、妊娠中の脱毛は不可となっています。
では、出産後授乳中は?というと、答えは△です。一般的な脱毛サロンでは、「出産後、生理が始まったらOK」というのが多いようです。出産を乗り越えて、妊娠前の体調に戻った目安として、生理の始まりをとらえているため、このような目途を設けているところが多いようです。妊娠、出産、授乳中は、赤ちゃんと自分自身の健康を第一に考えて、ツルピカなお肌は、生理が始まった頃、ゆっくり再開させるのがおススメ。脱毛開始後に妊娠が分かった場合は、産後まで休止してくれるサロンも多いので、妊娠が判ったら、サロンにすぐに連絡を入れましょう。

全身脱毛サロンの人気ランキングはこちら>>

このページのトップに戻る